岩戸工業株式会社 | ジンサポ!ぎふ ジンチャレ! ぎふジョブ

メールマガジンの登録はこちらから

職人的な経験値と技術が求められる
ダイナミックなものづくりの世界

岩戸工業株式会社

  • 各務原市鵜沼川崎町二丁目10番地
  • <製造業>自動車・輸送機器、航空機関連

INTERVIEW

旅客機やヘリコプターといった航空機の機体部品の組み立て、バスの素材加工や部品製作、工作機械のカバーや建設機械のキャビンといった板金部品の製作と、主に3つの事業を展開している岩戸工業株式会社。今回は航空機部の組立課に所属する下髙原さんに話を聞きました。下髙原さんは、航空機の機体部品の組み立てなどを担当し、今年7月から班長に就任したばかり。責任あるリーダーの立場から、仕事の内容や醍醐味、この会社の魅力などについて詳しく語っていただきました。

  • 航空機部 組立課 第二職場 下髙原さん

    鹿児島県出身。航空機に携わる仕事に就くため、航空機産業の盛んな各務原で就職。入社7年目を迎えた今年、班員からの信頼も厚いことから班長に抜擢された。プライベートでは結婚して子どもが生まれ、マイホームも購入済み。大きなショッピングセンターや公園が近くにあり、「岐阜は子育てにも最適な環境」と笑顔を見せる。

大学は航空宇宙工学科を選択
航空機に関わる仕事に携わりたくて
鹿児島県から各務原への転居を決意

 私は鹿児島県の出身で、この会社で働くために転居してきました。もともと航空機にとても興味がありまして、大学でも航空宇宙工学科を専攻。人力飛行機について研究するサークルにも入っていたくらい、航空機のことだけを考えていた4年間でした。しかし、いざ地元で就職しようと思っても、鹿児島県には航空機関連の会社が少ないのが現状。そのため、全国的に見ても航空機産業の盛んな各務原で働こうと決意したんです。
 しかも、この岩戸工業には大学のOBの方も入社していました。そこで詳しい話を聞かせてもらいまして、会社見学にも足を運びました。そうしたら、ひと目で航空機の機体とわかるものをつくっていたものですから、「ここで働きたい!」と思いまして。ありがたいことに採用していただくことができたんです。

現在はボーイング787の機体部品を担当
手作業で進められていく職人的な世界です
今年からは班長も任せられるようになりました

 現在は航空機部の組立課に所属して、ボーイング787の機体部品の組み立てを行っています。航空機の組み立ては、自動車などと異なり、機械を使わずに手作業で進められます。部品にドリルで穴を開けて、リベットやボルト&ナットで部品同士を締結していくのですが、まさに職人的な世界。それぞれの作業に相当な精度が求められます。
 私は入社して今年で7年目。7月からは班長にも選ばれたばかりです。班長の主な役割は、全体のスケジュールや人の管理、それに上と下との連絡係など。一人ひとりの班員によってできることとできないことがありますから、そのあたりも加味した上で作業を振り分けていかないといけません。人をまとめていくことは大変な面もありますが、その分だけ自分も成長できていると感じています。

入社後にまとまった研修を行った上で
本人の希望や適正に応じて各部署に配属
その後も一人ひとりの育成に向けた支援が充実しています

 この会社は、人材の育成にも非常に力を入れています。まず入社後は、会社のルールや社会人としての心構えなどに関する社内研修や、安全衛生を学ぶ外部研修がありますし、それぞれの部署でも実技や座学による研修を行っていきます。実技で学ぶのは、主に工具の使い方など。一方の座学では、図面の見方などについて詳しく勉強することができます。そうして本人の希望や適正を考慮した上で、ゴールデンウィーク明けあたりから、それぞれの担当部署へと配属されていくことになるんです。
 さらにその後は、会社側が教育に関する年間計画を用意。社外セミナーや技能講習への参加、専門技能に関する資格取得なども積極的に支援していただけますので、一人ひとりの成長に合わせたスキルアップを積んでいくことが可能です。

仕事と家庭のワーク・ライフ・バランスや
健康的で快適な職場環境づくりなどを推進
社員のことを親身に考えてくれる会社です

 「岐阜県ワーク・ライフ・バランス推進企業」の登録や、職場における健康づくりを意識した「清流の国ぎふ健康経営」、快適な職場づくりを目指す「新はつらつ職場づくり宣言」など、この会社は仕事と家庭の両立や社員の働きやすさに関する取り組みにも積極的です。また、毎月社内の各チームが提案を発表するという、業務内容の改善活動も盛ん。現場の声をきちんと汲み取ってくれるようなシステムが構築されているんです。
 さらに今年度からは、新たに子ども手当ても始まったばかり。もちろん産休や育休の制度もありますし、有給休暇も取得しやすく、プライベートの生活を大切にできるような配慮が随所になされています。また、社員旅行や毎年1月の新春懇親会、有志によるスポーツ大会など、社員同士の交流を深め合う機会も多数。いろいろな意味で、とても働きやすい会社だと思います。

航空機に興味がある人にはとても楽しい仕事
ただしすぐにできる仕事ではありませんから
焦らずにゆっくりと成長していってほしい

 この仕事の一番の醍醐味は、手作業ならではの経験値や技術がものをいう世界であること。部品の組み立てには毎回のように誤差が発生するのですが、そういうときこそが腕の見せどころです。どのように対処していくかを熟考し、自分たちの手で解決していく過程に、大きな喜びを見出すことができています。
 さらに今後は、班長として後輩の指導やフォローにも積極的に関わっていくことが目標。入社してすぐにできるような簡単な仕事ではないですから、一人ひとりの成長を長い目で見守っていきますので、焦らずに成長していってほしいと願っています。
 いずれにしましても、この仕事はいろいろな機種を見ているだけでもワクワクしますし、航空機に興味がある人なら絶対に楽しめるはず。ぜひ私たちと一緒に、航空機の組み立てというダイナミックなものづくりに携わっていきませんか?