メールマガジンの登録はこちらから

 

株式会社サラダコスモ

2019.07.31 更新

  • 中津川市千旦林1-15
  • 食品・医薬品・農水産 食品 農水産
  • 780名(うち男性360名、女性420名)
Analytics企業分析
採用実績
(H31年度採用:大卒)2018年度における、原則、大卒の採用人数。
合計:8名
(男性:6名,女性:2名)
(文系:1名,理系:7名)
インターシップ
実施予定
8月下旬~9月下旬(3日間)

私たちの会社をご紹介します

「安全・安心・食べて健康」をテーマに掲げ
最先端工場で発芽野菜を製造・販売


「安全・安心・食べて健康」をテーマに、全国6か所にある最先端の植物工場で、発芽野菜を製造・販売。製造では、基本的に農薬や化学肥料を使用しません。また、事業を通じて、自給率の向上・雇用創出・地域活性などにも挑戦しています。
 実は業界内では後発組ですが、これまで日本初のオーガニックもやし・スプラウトの生産販売や、生鮮野菜としては日本初の機能性表示食品の届出受理、国内野菜工場初の有機JAS認証の取得など、先駆的なアクションを起こし、現在はトップクラスのシェアを獲得。なお、2017年には経済産業省により地域未来牽引企業に認定され、地域の経済成長に貢献できる事業を期待されています。

私たちの会社で働く魅力

おいしい野菜の生産を通して
社会の問題を解決していきたい

 私たちは「自分たちでつくって、自分たちで売る」スタイルを貫く野菜生産者です。そのため、種子の開発、生産管理、栽培管理、デザイン、研究開発、営業販売、物流などを自社で手がけており、社員は多くの業務を体験することが可能。そして、各分野での経験を積んだら、マーチャンダイザー(原材料から消費の終了までをプロデュースできる人。いわゆる新商品開発担当)をめざせます。
 日本人の野菜不足は深刻。野菜生産者として、野菜をもっと食べてもらうために、新商品開発に取り組み、野菜が持つ健康への有効性を提言していくことで、健康寿命を延ばし、ゆくゆくは膨大な医療費の削減へとつなげる。サラダコスモは、野菜生産を通して社会の問題を解決していきます。

採用担当者からのメッセージ

枠にとらわれない発想力と、他を圧倒する実現力
私たちは世界一の野菜生産者を本気でめざす

 サラダコスモは「親が子どもを思う気持ち」を第一に考えた循環型農業で社会に貢献し、枠にとらわれない発想力と他を圧倒する実現力で、世界一の野菜生産者をめざしています。また、私たちの商品は毎日多くの方が食べられます。だからこそ、食品の安全管理は、これからも徹底していく考えです。
 当社の歴史を振り返ると、生鮮野菜としては日本初の機能性表示食品の届出受理をはじめ、チャレンジの連続でした。もちろん、これからもチャレンジする姿勢は保ち続けたいですし、皆さんにもチャレンジすることの楽しみを感じていただきたいと思っています。私たちと一緒に、世界の食と健康を支える野菜生産者をめざしましょう。